設備紹介

最新医療機器の画像を診察室に集中展開した診療。

耳鼻咽喉科CT

最先端技術を搭載した被ばくを抑えた体に優しいフルデジタル座位開放型 耳鼻咽喉科CTを導入しました。

高解像度

高解像度の3次元画像でより正確な診察が可能になりました。

低線量

従来のレントゲンに比べ低線量なので、安心してお使いいただけます。

高速表示

撮影後その場ですぐに確認することができ、再撮影が必要な場合も患者様にストレスを与えません。

【CT画像】

【CT検査説明ムービー】

【CT装置】

【デジタルレントゲン装置】

NBI内視鏡

当院は、NBIを採用した最新鋭の内視鏡システムを導入しています。

レーザー鼓膜切開装置 オトラムレーザー(OtoLAM)

当院では、レーザー鼓膜切開装置であるオトラムレーザー(OtoLAM)を導入しました。
急性中耳炎や滲出性中耳炎の治療に使用します。今までは、鼓膜を鼓膜切開刀で切開する方法で、中耳にたまった膿や滲出液を排出してきましたが、切開刀の刃先はやや鋭く、切開時に麻酔されていない鼓室腔の粘膜 プロモントリウムを傷つけ、痛みとともに、出血し、血膿が耳から数日出続けることもありました。
OtoLAMレーザーによる鼓膜切開は一瞬のため、痛みが少なく、切開と同時にレーザーで止血するため、出血が少なく、切開面が非常に細胞に優しいため、鼓膜再生しやすい切開面の正円切開のため、治療効果の高い切開手術です。内耳への影響もなく、鼓膜や中耳にメスが触れることがないので、鼓膜切開刀からの細菌感染の危険性がなく、安全、安心です。

では、なぜ?レーザーで鼓膜切開できるの?

OtoLAM レーザーは、フラッシュスキャン・テクノロジー レーザーだからです‼️

フラッシュスキャン・テクノロジーとは

同期したマイクロプロセッサにより、2枚のレーザ反射鏡を瞬時に動かし、設定スキャンサイズ/ワットによる蒸散を、 スパイラル回転のスキャンニングにより可能にした全く新しいテクノロジーです。従来のディフォーカスビームによる蒸散ではなく、フォーカスビームによる蒸散を可能にしました。
OtoLAMレーザー による鼓膜切開では、刃物は使用せず、レーザーの照射時間もわずか0.2秒ですので、痛みが少なく、非常に安全に鼓膜切開が施行できます。

では、他のレーザーと、OtoLAMレーザーとのちがいは?

OtoLAMレーザーは、フォーカスビームによる蒸散方法です。
従来のディフォーカスビームによる蒸散では、CO2レーザーの特性上、ビーム辺縁部のエネルギー密度が低くなるため、ある程度の炭化を防ぐことができず、微細なコントロール下での蒸散も不可能でした。フォーカスビームでの蒸散を可能にすることによって、非常に微細なレベルの蒸散コントロールができます。その結果、極めて均一な無炭化蒸散を実現しました。
OtoLAMレーザー鼓膜切開は一瞬で終了するため、出血や痛みが少なく、また治療効果の高い手術です。内耳への影響もなく、鼓膜や中耳にメスが触れることがないので安全・安心です。
また、CCDカメラが内蔵されたオトラムハンドピースでは、モニターに映し出される映像を見ながら安全に照射できます。
当院では、素早くレーザー鼓膜切開OtoLAMを使用できるように、診察ユニットに隣接して設置していますので、今までの診察の流れで、レーザー鼓膜切開することが可能です。

【レーザー鼓膜切開装置 オトラムレーザー(OtoLAM)】

一酸化窒素ガス分析装置 ナイオックス ベロ NIOX VERO

ずっ~っと、咳が続いている、などの症状に困っていませんか?

アレルギーの季節になってくると、鼻水だけではなく、咳も、続く患者さまも、ちらほらと、いわゆる、アレルギー性気管支副鼻腔症候群といわれるものです。
鼻腔や副鼻腔炎の好酸球性炎症が、副鼻腔炎から気管支にも広がっていって、アレルギー性の鼻汁とともに、黄色の鼻水がでてきて、副鼻腔の症状を併発して、鼻水だけではなく、だんだん、咳が止まらなくなっていくと言う症状が発現します。

そう、アレルギー性の好酸球性炎症が気管支にも広がっていくのです。
気管支の好酸球性炎症のバイオマーカとして、呼気中に含まれる一酸化窒素の濃度(FeNO)を測定して、気管支の好酸球性炎症の度合を測定することによって、診断が可能です。

~喘息などの好酸球性気道炎症の評価とモニタリングに~

喘息などの好酸球性炎症のバイオマーカとして、呼気中に含まれる一酸化窒素の濃度(FeNO)を測定できます。

【一酸化窒素ガス分析装置 ナイオックス ベロ NIOX VERO】

その他設備

【全自動血球計数器】

【定性免疫診断装置】

『2022年度 愛知県PCR等検査無料化事業』

愛知県では無症状の方を対象にPCR等検査無料化事業を展開しており、当院も事業に参加しております。

詳しくは愛知県PCR等検査無料化事業ホームページをご覧ください。

https://www.aichi-pcrfree.jp

現在PCR検査は、ID NOW 又は、Genesoc mini で検査しています。
機械動作時間は13分以内(ID NOW)に結果が得られますが、検査全体としては、約30~50分ぐらいかかります。

**注意事項**
①発熱や風邪症状など、症状のある方、濃厚接触者に該当する方は上記無料化事業の対象とはなりません。

②ドライブスルー検査となりますので、自転車や歩きの方は対象とはなりません。

22年度 検査無料判断フローチャートになります。
22年度 検査無料判断フローチャート

完全予約制となりますので、まずは、
TEL 0561-61-1234
当院にお電話ください。

GeneSoC® miniは、リアルタイムPCR装置です。マルチプレックスPCR装置として異なる3種類のターゲット遺伝子をリアルタイムに解析可能です。

新型コロナウイルス検査・院内迅速リアルタイムPCR装置:GeneSoC(R)mini
当院駐車場にて
『自費での新型コロナウイルス検査・院内迅速リアルタイムPCR装置:GeneSoC® mini』
12,000円+陰性証明書1,000円(税込)

社会生活を取り戻すために、今後、PCR検査の提示をお願いされる機会増えるかもしれません。
新型コロナウイルス院内迅速PCR検査・自費診療です。
(自費検査は症状のない検査希望の方が対象となります。)
出来るだけ値下げいたしました。

自費 院内迅速PCR検査 12,000円
(値下げ前 約14,000円)
+陰性証明書1,000円
価格は、すべて税込みです。
今後も変動する可能性があります。
所要時間は、約20分です(機器作動時間)、遅くても当日中に迅速判定します。

GeneSoC® miniは一般医療機器(届出番号:13B3X10244000001)であり診断に使用可能です。
自動機械判定ではなく、異なる3種のターゲット遺伝子を リアルタイムに解析し、医師が判定します。
来院前にクリニック0561-61-1234までお電話お願いいたします。

受験生で陰性証明書が必要になった方は至急電話ください。応援させていただきます!
無症状だが接触の可能性あり、職業がら検査が避けられない方や、受験生に適しています。(渡航目的に対しての個別対応していません。)
鼻咽頭から採取します。
医療保険適応機器ですので、陽性となった場合は保険診療となります。保険証を持参ください。

注意点)
1日に15人ぐらいまでですので事前に電話が必ず必要です。
機器点検のため検査不可の日があり。
偽陽性偽陰性の可能性はゼロではありません。

院内迅速リアルタイムPCR装置:GeneSoC(R)mini(ジーンソックミニ)ってな~~んだ?

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針」(厚生労働省ホームページに掲載)によれば、現時点では、リアルタイムRT-PCR検査が、ウイルスの検出に最も信頼性の高い検査であるとされています。(2022.2.20時点)

当院では、リアルタイムPCR装置である GeneSoC® mini を導入しました。

新型コロナウイルス感染症の療養解除基準について

一般的には、発症日(無症状患者では検体採取日)を0日目とした10日目(無症状患者は7日目)が経過するまでが療養期間で、その翌日が療養解除日です。(2022.2.20時点)

しかし、療養終了後も微量のウイルスの死骸の影響で、PCR検査で陽性となることがあります。
そのため、ウイルスを検知できたかどうかだけで「陽性/陰性」を決めるのではなく、ごく少量のウイルスで陽性結果が出ないようするべきだと言われています。

リアルタイムPCR装置 GeneSoC® mini
ターゲット遺伝子SARS-CoV-2の増幅をリアルタイムにモニタリング

A:感染後発熱期のSARS-CoV-2の曲線
B:非感染のSARS-CoV-2の曲線
C: 療養解除後(感染後約10日後)のSARS-CoV-2の曲線(一例)

GeneSoC(R)mini

ターゲット遺伝子SARS-CoV-2の増幅をリアルタイムでモニタリングして、療養終了後の微量のウイルス死骸の影響で、PCR検査で陽性となってしまう問題に取り組んでいます。

もちろん、療養終了後に必ず陰性結果を出す、または、PCR検査が必要である、というわけではありませんが、リアルタイムPCR装置 GeneSoC® mini にて、ターゲット遺伝子SARS-CoV-2の増幅をリアルタイムにモニタリングして、患者様の社会復帰がよりスムースになるように努力していきたいと考えています。

当院駐車場にて自費での新型コロナウイルス検査クイックPCR院内検査(厚生労働省承認機器)❤️12,000円❤️(+陰性証明書1,000円) 【自費での新型コロナウイルス抗原検査も開始しました。抗原検査は❤️6,000円❤️になります。】

遺伝子増幅検査機器(ID NOW)
社会生活を取り戻すために、今後、PCR検査の提示をお願いされる機会増えるかもしれません。
新型コロナウイルスPCR検査・自費診療です。
(自費検査は症状のない検査希望の方が対象となります。)
出来るだけ値下げいたしました。

院内自費PCR検査 12,000円
(値下げ前 約14,000円)
+陰性証明書1,000円
価格は、すべて税込みです。
今後も変動する可能性があります。
所要時間は、約15分です。
厚生労働省 核酸増幅法(PCRなど)認定14番目の機械ID NOW(NEAR法)です。
来院前にクリニック0561-61-1234までお電話お願いいたします。

遺伝子増幅検査機器(ID NOW)を導入し、自費での新型コロナウイルス検査(迅速検査)を施行しています。
従来のPCR検査等(TMA法)では結果判定まで1-4日程度かかりますが、当院導入機器(NEAR法)では最短13分(機器作動時間)、遅くても当日中に迅速判定します。

クイック検査 : 【13分(機器作動時間)から当日中に結果】+陰性証明書発行
(検査場所:当院駐車場)
受験生で陰性証明書が必要になった方は至急電話ください。(厚生労働省で核酸増幅法(PCR等)としてNo14承認機器です)応援させていただきます!
無症状だが接触の可能性あり、職業がら検査が避けられない方や、受験生に適しています。(渡航目的に対しての個別対応していません。)
鼻咽頭から採取します。
医療保険適応機器ですので、陽性となった場合は保険診療となります。保険証を持参ください。

注意点)
1日に10人までですので事前に電話が必ず必要です。
機器点検のため検査不可の日があり。
偽陽性偽陰性の可能性はゼロではありません。

【注意)抗原検査は、COVID-19 Antigen コロナウイルス抗原キットでの検査となります。キット測定時間は最短15分(キット判定時間)程度になります。】

海外渡航用の陰性証明書の交付は行っておりません。また、日本語以外の言語での交付も行っておりません。